TeX2img

A powerful conversion tool from LaTeX sources to various types of image files

(Open-source software, supporting macOS/Windows)

What is TeX2img?

TeX2img is an application which converts LaTeX sources into various types of image files using TeX enginges. TeX2img supports both macOS and Windows.

You can paste the generated images onto various type of documents such as Word, Excel, PowerPoint, Illustrator, InDesign, Pages, Numbers, Keynote, and so on.

Supported Output File Formats

Vector Graphics Formats

EPS files

PDF files

SVG files

SVG vector animations using SMIL [sample 1: Coupled oscillator] [sample 2: Visualization of prime factorization using snowmen]

SVGZ files (compressed SVG)

EMF files

Raster Graphics Formats

PNG files

JPEG files

GIF files (including animation GIF)

TIFF files (including multi-page TIFF)

BMP files

Features

TeX2img supports various TeX enginges such as pdfLaTeX, XeLaTeX, LuaLaTeX, pLaTeX and upLaTeX.

You can customize preambles, so you can adopt any style files you usually use.

TeX2img is not specialized for “generating images of mathematical fomulae.” TeX2img converts the entire document into images, including multi-page documents.

If TeX engines are properly set up, you can embed any non-ASCII characters into images.

TeX2img supports both dvipdfmx and dvips. So you can use PSTricks or Asymptote using dvips.

TeX2img provides templates for various LaTeX engines by default. You can add or customize the templates by yourself.

You can not only input LaTeX source directly, but also input existing LaTeX source files or PDF/PS/EPS files.

TeX2img is not a Web applicaiton but a standalone application. So you don't need the Internet connection, and you can use your own style files which are installed in your local environment.

Syntax highlight is available.

You can automatically paste generated images onto Illustrator/Word/PowerPoint/Pages/Numbers/Keynote. (macOS version's feature)

TeX2img automatically load TeXShop's settings. So you can use the same command completions or key bindings as TeXShop. (macOS version's feature)

Screenshots

Download

Mac OS X 10.7 Lion ~ 最新 macOS 対応版

macOS 版 (GUI 版) Ver. 2.3.0 (2018/07/16)

macOS 版 (コマンドライン版) Ver. 2.3.0 (2018/07/16)

Mac OS X 10.6 Snow Leopard 専用版

古い Mac OS X 10.6 Snow Leopard をご利用の方はこちらをご利用ください。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard 版 (GUI 版) Ver. 1.11.8 (2017/05/15)

Mac OS X 10.6 Snow Leopard 版 (コマンドライン版) Ver. 1.11.8 (2017/05/15)

Windows version

You can obtain Windows version on Abe's page.

Requirements

macOS 版

Mac OS X 10.7 (Lion) 以降,または Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)

[改訂第7版]LaTeX2e 美文書作成入門MacTeX小川版 Drag&Drop UpTeX.app などでいずれかの LaTeX エンジン(pLaTeX, upLaTeX, XeLaTeX, LuaLaTeX など),および pdfTeX と Ghostscript 9.x 以降がインストールされ,適切に設定されていること。

Windows 版

.NET Framework 4.5.2 以降がインストールされていること。

TeX Live や[改訂第7版]LaTeX2e 美文書作成入門,または W32TeX などによって,いずれかの LaTeX エンジン(pLaTeX, upLaTeX, XeLaTeX, LuaLaTeX など),および pdfTeX と Ghostscript 9.x 以降がインストールされ,適切に設定されていること。

License

macOS version: GPL v.2

Windows version: BSD 2-Clause → See Abe's page for detail.

Source code

macOS version: [GitHub]

Windows version: [GitHub]

How to install

macOS 版

ダウンロードした dmg ファイルの中に入っている TeX2img.app をダブルクリックすれば起動します。気に入ったら「アプリケーション」フォルダの中にでも入れてやってください。

Homebrew による macOS CUI 版 TeX2img のインストール

wtsnjp さんが macOS CUI 版 TeX2img を Homebrew でインストールするための Formula を作成してくださいました。Homebrew ユーザは

 $ brew tap wtsnjp/tex2img
 $ brew install tex2img
で CUI 版 TeX2img をインストールできます。

Windows 版

インストーラはありません。ダウンロードした zip ファイルを解凍して出てくる TeX2img.exe をダブルクリックすれば起動します。

How to uninstall

macOS 版

TeX2img.app を削除してください。設定情報は ~/Library/Preferences/com.loveinequality.TeX2img.plist および ~/Library/Application Support/TeX2img に保存していますので,気になる人はこれらも削除してください。

Windows 版

レジストリは使用していませんので,exe ファイルを消去すれば OK です。ただし,設定情報を C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\TeX2img に保存しているので,気になる人はこのフォルダごと削除してしまってください。

Typical Usage

Adobe Illustrator に貼り込む場合は,EPS 形式の出力にして,「生成画像を Illustrator に配置」(macOS 版のみ)をONにすると使いやすいでしょう。

複数の数式を Illustrator に配置したい場合,「単一ファイルまたはアニメを生成」をOFFにした上で,数式の間に \newpage を入れてページを分けておくと,それぞれ別々のグループとして Illustrator に貼り込まれて便利です。

Word や PowerPoint などに貼り込む場合は,PDF 形式の出力にして貼り込むと,拡大してもギザギザにならないベクター形式の画像として利用できます(ただし Windows では EMF 形式の方が無難でしょう)。さらに,「生成ファイルからソースを復元できるようにする」がONの場合,貼り込んだ PDF 画像を TeX2img にコピー&ペーストまたはドラッグ&ドロップすることで,元の TeX ソースを復元することができて便利です。(ただしこの手法は残念ながら Office 2016 for Mac では使えなくなってしまったようです。)

Word や PowerPoint,KeyNote などに数式を貼り付ける用途の場合,「生成ファイルをクリップボードにコピー」「自動ペースト」をONにしておくと便利です。

どの出力形式でも,「生成ファイルからソースを復元できるようにする」がONの場合,生成ファイルを TeX2img にドラッグ&ドロップすることで元の TeX ソースを復元できます。

既存の TeX ソースや PDF / PS / EPS ファイルを画像化することも可能です。

複数ページドキュメントを GIF 形式または SVG 形式で出力する際,「単一ファイルまたはアニメを生成」をONにしていれば,GIFアニメやSVGアニメを生成することが可能です。これらの機能を組み合わせれば,「PDF からアニメーションGIF/SVGを生成する」という目的でも TeX2img を利用することができます。

応用的な使い方

TeX2img は,直接的には「LaTeX 文書の画像化ツール」ですが,外部 PDF / PS / EPS 入力に対応していることから,「LaTeX 文書の画像化」を超えた様々な応用的活用をすることができます。そのいくつかの例を紹介しておきます。

PDF のフォントをアウトライン化する目的で使う

PDF の余白を広げる目的で使う

PDF の回転情報を“確定”させる目的で使う

その他のTips・トラブルシューティング

その他,TeX WikiTeX2img の解説ページ および TeX2img FAQ には数々の Tips やトラブルシューティングが詳しく掲載されていますので,そちらをご参照ください。

Contact

macOS version

Developer: Yusuke Terada

Mail: taylorkgb@gmail.com

Twitter:@doraTeX

GitHub:TeX2img Issues

Windows version

Developer: Noriyuki Abe

GitHub:TeX2img Issues